眠すぎ日記 > チラシの裏 > E-PL6+FlashAirの設定

E-PL6+FlashAirの設定

初めて高性能っぽいカメラを買いました。ミラーレス一眼のE-PL6です。E-PL6自体の感想は、そもそもデジカメが久しぶりなのでよく分からないけど、小さいしデザインはとても気に入っています。
USB等のケーブルで直接充電できないのが若干面倒というぐらい。
本当はダブルズームキットというレンズが2種類あるものがお得らしいけど、うちでそれをやるとめんどくさがって誰も使わなくなりそうなので1種類だけのものに。

E-PL6はE-PL7と比較して安いですがその分本体にWiFi機能が無いです。なのでFlashAirなどのWiFi機能のあるSDカードを使ってスマホに転送しやすくします。
この設定が初心者にとってはかなりややこしいので、メモをしながら進めました。コツはカメラ本体やスマホからできる設定などは使わず、全てPCで済ませてしまうことです。どちらにせよファームウェアアップデートでPCは必須なので。

e-pl6.jpg

今回購入したもの

E-PL6本体の設定

バッテリーの充電は購入時はほぼ空っぽだったので、最初に数時間充電が必要。こういうのって長持ちさせるために8割程度充電されているイメージだったけど。

FlashAirを挿す前にファームウェアアップデートで1.2以上にすることが重要。FlashAirの初期設定をしてしまうと、アップデート後にFlashAirを初期化する必要があります。(E-PL6のVer.1.2を参照。)

購入直後のE-PL6のMENUからバージョンを確認すると「body 1.0、lens 1.0」でした。レンズにもバージョンがあるのか。

e-pl6-update.png

  1. オリンパスのファームウェアアップデートから「デジタルカメラアップデーター」をPCにダウンロード&インストールする。
  2. E-PL6とPCをUSB接続する場合は、E-PL6に付属するUSBケーブルを使用する。
  3. 接続時にE-PL6に表示される選択肢は「ストレージ」を選択する。

FlashAirの設定

  1. FlashAirソフトウェアから、FlashAir設定ソフトウェア(FlashAirTool)をダウンロード&インストールする。
  2. カードリーダー等を使ってFlashAirをPCに接続し、FlashAirToolを起動する。

カードの初期化・設定変更

  1. もしE-PL6のファームウェアアップデート前にFlashAirを接続してしまっていたらここで初期化する。
  2. マスターパスワードを設定しておくとスマホから設定変更ができるようになるので設定する。(例)123456789012

ネットワーク設定

  1. ここでSSID・パスワードを指定する。(例)SSID:E-PL6、パスワード:12345678
  2. インターネット同時接続モードを使う場合は設定する。(普段ルーターに設定している設定が必要) しかし設定したルーターが近く無い状況だと、FlashAirのSSIDが利用可能になるまでに時間がかかるようになるらしいので設定しなくてもよさそう。

無線LAN起動モード

  1. 無線LAN起動モードを「手動起動モード」に設定する。

これは自分の好みだが、普段は一般的なSDカードとして使って、スマホに転送したいときだけ起動して消費電力を抑えたいため。

  • 設定後、FlashAirをE-PL6に挿入し、設定している画像のプロテクトをOFFにすると無線LAN起動。
  • プロテクトをONにすると無線LAN終了。
  • E-PL6のMENU>スマートフォン接続は使用しません。

スマホ側の設定

ここではiPhone6S(iOS9)で確認しています。

  1. AppStoreから「FlashAir」をインストールしておきます。
  2. Wi-Fiから設定したSSIDを見つけて、接続します。
  3. 「FlashAir」アプリを起動する。

以上でE-PL6の画像をダウンロードしたりすることができるようになりました。

オートスリープまでの時間の設定

転送にどれぐらい支障があるか不明だが、一応オートスリープの時間も変更しておく。デフォルトは1分。

  1. スリープ時間の設定項目は最初は非表示になっているので、MENU>メニュー表示でカスタムメニューの表示をONにする。
  2. 表示/音/接続>スリープ時間で変更(例)3分

(追記)「E-PL6基本&応用 撮影ガイド」について

E-PL6基本&応用 撮影ガイドを一通り読みました。
基本的にはカメラ初心者のための内容。絞りやシャッター速度やISOって何だろうぐらいの人にとって画像つきの解説は非常にありがたい。ただその辺は余裕って人にはほぼ無用。
画像の複数選択はムービーボタンを使うとか、バスケとかで動きのある被写体の写真を撮りたいときはシャッター優先撮影を使えばいいとかが為になったかな。流し見なら1時間もかからず読めるし、あとでまた読んで確認したい人が多いのか中古本もそんなに出回ってないので評価が高い本だと言っていいと思う。

自分が説明できるほど詳しくないというのもあり、他人に使い方を説明するのにも便利そう。

Comments:0

Comment Form

眠すぎ日記 > チラシの裏 > E-PL6+FlashAirの設定

Return to page top