ねむすぎ日記 > 書籍の感想 > (書評)グロースハック

(書評)グロースハック

グロースハックとはサービス改善の手法の一つで、リーンスタートアップに近いもののようです。費用を抑えられるだけでなくエンジニアやデザイナーがマーケティング担当者になることでより早く改善を進められるようになったり、多様性のあるキャリアを目指す人にとって魅力のある領域です。

グロースハック 予算ゼロでビジネスを急成長させるエンジン

ページの大半がAARRRフレームワーク(アクイジション、アクティベーション、リテンション、リファラル、レベニュー)に基づいた事例集です。事例によっては真似できるものもあるかもしれないですが、2013年前後の事例になるのでそのまま使うというよりは考え方の参考にという感じです。

AARRRについてはARRRAの順番で尚且つ「顧客に求めらているのかを最初にきちんと検証すべき」という記事もありました。

本格的な開発をするよりも先に、「そもそも解決しようとしている課題を、本当に顧客は抱えているのか?」「そもそもこのサービスは顧客が求めるものか?」という問いを先に検証しましょう。
ほとんどの人が勘違いしているグロースハックにおける最適なフレームワーク - Growiz.us

グロースハック代表事例

  • Sumally
    背景で人気アイテムを見せる、トップページでログイン以外の項目を見せない
    SNS連携を前提としたログイン
    5アカウントフォロー推奨でアクティブ率向上
  • Eight(アプリ)
    安価で口コミに繋がりやすいスキャンし放題キャンペーンなどを実施。チュートリアルの地道な改善。
  • relux
    フォーム改善で新規登録率向上。「planBCD」利用。友達紹介クーポン。
  • Dropbox
    友達紹介で500MBプレゼント。(自分もこれで数GBもらえて今も重宝してます)

新規獲得 アクイジション

  • planBCD(現在のKaizen Platform)
    ABテスト運用のアウトソーシング
  • TERIYAKI
    ティザーサイト運用。著名人とコンテンツで注目を集めた。
  • Hotmail
    メールフッターで新規獲得・認知率向上。「iPhoneから送信」も認知率に寄与していそう。

ユーザ体験最大化 アクティベーション

  • メルカリ
    文言修正や検索結果の保存など細かいユーザ体験の最大化を考えぬいた。
  • GIRL'S TALK(アプリ)
    ブログ昨日導入で掲示板サイトからの脱却。ボイス投稿でライトな投稿者を獲得。
  • Facebook
    データ分析の結果「登録から10日以内に7名以上の友人と繋がると継続率が高い」という仮説を持ちそれをKPIにした。

継続率向上 リテンション

  • Growth Push
    アプリのプッシュ通知に絵文字を入れると再訪率が高まる。
  • コミュニティファクトリー(アプリ)
    「アプリレビューに投稿されたスタンプ制作依頼を全て叶える」で多くの高評価レビューを獲得。
  • Airbnb
    既存サービス「Craigslist」への自動(同時)投稿施策で新規ユーザーを獲得。

拡散する仕組み リファラル

  • マンガボックス(アプリ)
    「続きを読みたければシェア」でユーザ数を伸ばした。チュートリアルは離脱につながるので最低限に。
    「週刊漫画雑誌を読む」という既存の習慣をアプリで再現した。
  • MONOCO
    「友人紹介でクーポン発行」で初期ユーザー数を伸ばした。非会員に商品価格を見せない施策で新規会員登録率が2倍に。
  • Uber
    紹介者と登録者双方にクーポンを発行し、紹介者にインセンティブを与えて口コミを促した。

収益化 レベニュー

  • カラメル
    検索ボタンを緑からオレンジに変更し検索数+18%。カートに入れるは水色ベースに白文字でスコア114%。
  • ロリポップ(法人向けLP)
    個人向けの印象が強いサービスの法人向けLP作成で260%登録率改善
  • co-ba
    クラウドファンディングCAMPFIREを利用し資金集め&クリエイター層のインフルエンサーへの認知も得ることができた。
    施行過程をUstreamで24時間配信し認知・会員獲得。
  • GILT
    オフラインイベントやGILTノワールというプレミアム会員制度でファンのロイヤルティを上げる。
    「会員制ファミリーセールサイト」はターゲットユーザー同士であればつい話題にしたくなる性質がある。
    数日前から、どのブランドが何日の何時よりセールを解禁するか告知する。

Comments : 0

Comment Form

ねむすぎ日記 > 書籍の感想 > (書評)グロースハック

Return to page top