ねむすぎ日記 > Web > MTの記事投稿時にTwitter投稿するプラグイン

MTの記事投稿時にTwitter投稿するプラグイン

  • 2018年1月作成
  • 2018年5月5日更新
  • Web

MT(MovableType)のプラグインの記事自体見かけなくなりましたが、Twitter連携プラグインは需要があると思うのでMT6.3.6で動作確認しました。

PostTweet

PostTweet 1.1.7.1
複数回ツイートしたらうるさいので「初回時のみ投稿する」がおすすめ。

2016年7月頃から「Twitterの投稿に失敗しました」と出て投稿ができなくなりましたが、1年以上経って解決方法が分かりました。
プラグインの設定画面で「OAuthによる認証」をクリックすると、「twitterから応答を得られません。(get_authorization_url)」というエラーが出て認証が進めることができない人は、認証するブラウザでTwitterからログアウトした状態から認証を進めると上手く行くことがあります。

PostTweetドキュメントにも書いてありますが、tmpl/message_format.tmplファイルを編集して「mt:entryshortenedpermalink」を「mt:entrypermalink」にしてしまえば短縮URLを使わずにツイートすることも可能です。

明確な違いはよく分かりませんが、サポートを受けたいなら有償版のPostTweet+があるようです。

PostTwiOauth

PostTwiOauth 0.50
こちらはブログの更新をTwitterに自動投稿するだけではなく、他にも機能が色々あるようですがその分初期設定の難易度が高めです。自分は「Test post with your OAuth token」でエラーが出てしまって止まってます。

動作確認できていないですが2017年7月に更新されているので利用できるはず。
時間切れでここまで。

Comments : 0

Comment Form

ねむすぎ日記 > Web > MTの記事投稿時にTwitter投稿するプラグイン

Return to page top