ねむすぎ日記 > 書籍の感想 : Category

書籍の感想 : Category

(書評)グロースハック

グロースハックとはサービス改善の手法の一つで、リーンスタートアップに近いもののようです。費用を抑えられるだけでなくエンジニアやデザイナーがマーケティング担当者になることでより早く改善を進められるようになったり、多様性のあるキャリアを目指す人にとって魅力のある領域です。

続きを読む

(書評)現場で役立つ! セクハラ・パワハラと言わせない部下指導 グレーゾーンのさばき方

特にハラスメント関係で困っているわけでは無いですが、読んでいる人が居たので気になって自分も読んでしまった。実際には困ってる段階って手遅れなので読んでおいて損はない、かも。

近年では「受け手がハラスメントだと感じたらハラスメント」という方針が強い印象ですが、受け手の主張にも妥当な理由が必要なのでどんなことでも即ハラスメントになってしまうわけではありません(というのが本書の見解ですが、実際には所属する企業にもよると思います)。ハラスメントのグレーゾーンについて複数のエピソードを交えて解説されていて、管理職は組織を健全に運営していくためにグレーゾーンの理解を深め、相手の主張にも聞くことを怠らずに自信を持ってマネジメントすべし、という内容です。

続きを読む

(書評)Webサイト、これからどうなるの? キーワードから探るWeb制作の未来像

制作手法やマーケティング・技術的なことまでの各方面に対して、簡潔にまとめられていて非常に読みやすいです。 Web業界で何年か経験を積んだ人がターゲットになっているのである程度知識がある事が前提になっています。「これからどうなる?」というよりは「もうなっている」と言えるものが多そうです。

続きを読む

(書評)MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

業務で役に立つ知識なのでということでおすすめしてもらった書籍です。

決算書の読み方ではなく、普段ビジネス領域にあまり馴染みが無い人がビジネスの背景を勉強できる本という感じでした。なので普段ページやデザインを作ることばかりのデザイナーにとってはビジネス理解が進むことで、普段の仕事により納得感を持てるようになるかもしれないです。自分は普段の仕事に批評に近い業界だったので全く問題なかったのですが、IT事業を中心に解説しているので期待と違ったとなる人も居るかも。

続きを読む

Index of all entries

ねむすぎ日記 > 書籍の感想 : Category

Return to page top