ねむすぎ日記 > Web > CORESERVER V2に移行

CORESERVER V2に移行

  • 2021年8月作成
  • 2021年8月17日更新
  • Web

WebサイトのサーバーはCORESERVERを約11年間利用していましたが、2021年1月からV2プランが登場したので重い腰を上げて移行を行いました。

このV2移行の手間を最小限にしたかったので、数々のWikiを閉鎖や他サービスに移転を進めていました。

CORESERVER V1とV2の違い

サーバー仕様をみたほうが早いですが自分が感じた点は下記です。

  • HTTP/3対応(V1はHTTP/2対応)
  • WebサーバーがApache→LiteSpeedに変更
  • V1で提供されている旧コントロールパネルはV2では利用できず、新コントロールパネルの改良版のみ。ただこの新コントロールパネルの接続が切れやすくてかなり使い勝手が悪い。
  • ファイルマネージャーが使いやすくなった。一方でWinSCPからカスタムコマンドが利用できなくなった。
  • 転送量はV1では全プラン無制限とされていたのが10TB~30TBに明確化。(参考:料金プラン

他にも、サーバ内ファイルの置き方が変更されるなど細かく変わっています。
V1 : virtual/nemusg/public_html/nemusg.com
V2 : domains/nemusg.com/

やったこと

  • 「ツール > サーバー間コピー」CORESERVER V1からファイル移行
  • 「ツール > ファイルマネージャー」でファイル整理・パーミッション変更
  • MT本体は再インストールし、テーマはZIPファイルで移行。記事はインポート。ウェブページは手動移行。
  • 「ドメイン > ドメイン管理」で利用するドメインの追加
  • 「ドメイン > SSL証明書設定」で追加したドメインのSSL設定
  • 「ウェブ > サブドメイン管理」から追加したドメインのサブドメイン追加(ドメイン管理からも追加できるけどこっちが正しそう)
  • バリュードメイン側でDNS設定変更

どうだったか

coreserver-v2-mt.png

  • コントロールパネルが重くて操作が大変でした。持ちサイトを大幅に減らしておいてよかったです。
  • サイト自体の表示速度はぱっと見よくわからないですが、HTTP/3は有効になっているようです。
  • MTの再構築時間は147記事ある状態で、V1で31秒が13秒になったので確実に早くなりました。快適にはなっているようです。

ねむすぎ日記 > Web > CORESERVER V2に移行

Return to page top