ねむすぎ日記 > チラシの裏 > 子供用iPhone設定と課金予防

子供用iPhone設定と課金予防

まだ4歳になったばかりの子供にiPhone 6SにLINEモバイルのSIMを刺したものを貸し出すことになりました。と言っても実質は祖母(母)用みたいなもの。未だにポケモンGOに夢中で孫のアカウントを育てるのが楽しいようで、これを用意する一番の理由が早朝とかにポケモンのレイドをやるために自分(ねむすぎ)のiPhoneを祖母に持ち出されてしまうのをやめてもらうため。

iphone_kids1.jpg

購入したSIM

もっと安いのがあるかもしれないけど、LINEモバイルの1番安いプランにしました。もちろん音声通話やSMSは無いほうがいいのでデータSIM一択。
自分の場合は既にLINEモバイルを使っているので追加申込となり、ウェブ登録事務手数料が3,000円→1,000円になりました。(新規でも招待URLを誰かに発行してもらえれば同等の割引になるみたい)


iPhoneの設定

※iOS12~13

  • 不要アプリをすべて削除する(カレンダーや連絡帳なども削除できる)
  • AppleIDを設定する
  • 必要なアプリをインストールする。今回の場合はポケモンGOのみ。ログイン等も済ませます。(Safariを制限するとログインできなくなるものもあるため)
  • 設定 > スクリーンタイム > コンテンツとプライバシーの制限
    • iTunesおよびApp Storeでの購入 : 課金や新規のインストールを制限できる。パスワードを要求は「常に必要」にしておく。
    • 許可されたApp : Safariの起動を制限できる(アプリ内広告からSafari起動とかはよくあるので制限しておいたほうがいい)
    • コンテンツ制限 : GAME CENTERの利用制限と、Safariで見れるコンテンツの制限など(起動は許可する場合)

iphone_kids2.png

やってて気が付いたのは電話番号がなくてもFacebookアカウントがあればLINEはインストールできました。普段は使わないのでパスコードロックしておくけど。

  • 起動パスワードをかける:LINE > 設定 > プライバシー設定 > パスコードロック
  • ついでに プライバシー設定 > メッセージ受信拒否 もオンにしておく(友だちからのメッセージは送受信できる)

購入履歴の確認

そもそも何か購入したらAppleIDに登録しているメールに通知が来るので、「主要なメール」が合っているかも確認しておけば問題は起こらないはずだ(高額請求された話をする人は大体このメールすら見ていない)が、reportaproblem.apple.comでも確認できます。AppStoreやiTunesから確認することもできますが、多分これが一番早いと思います。

返金手順

使わないことを祈るが、それでも起きてしまった時のために。

ケースやフィルムについて

今回のiPhone 6Sは3年使って浸水&液晶交換した下取りもできない文鎮の再利用なので多少乱暴に扱われても気持ち的には問題ないが、安いガラスフィルムは貼っておくことに。テプラで(晒していい個人情報の範囲で)名前を書いてシリコンの透明ケース(100均)もつけると完璧。

iphone_kids3.jpg

祖父(父)が「お前のiPhoneはケースがないからレイドバトルの時に滑りやすい」と買ってきたケースが妙にかわいい。

Comments : 0

Comment Form

ねむすぎ日記 > チラシの裏 > 子供用iPhone設定と課金予防

Return to page top