ねむすぎ日記 > ゲーム > 風来のシレン5plus Switch版・Steam版の比較

風来のシレン5plus Switch版・Steam版の比較

  • 2020年12月作成
  • 2020年12月9日更新
  • ゲーム

ゲームの仕様的には「Switch/Steam版」は同じものとして扱われます。

  • シレン5:DS版 2010年発売
  • シレン5plus:PS Vita版 2015年発売
  • シレン5plus:Switch/Steam版 2020年発売

それでもどちらを買おうか迷っている人のための比較。
個人的な結論は、持ち運びならPS Vita版、据え置きならSteam版がおすすめです。

一般的な比較

映像

映像や処理速度には見た目でわかる差はなし。テレビやモニタの性能で色味が違うことは大いにあるが、UIのレイアウトなどは全く同じで、ゲーム配信用に縮小した状態だと1pxのズレも起きない。
Switch版にのみ一瞬「セーブ中/ロード中」の画面が出ることがある。

入力

・Switch版はキー設定をあまり変えられない(ゲーム内設定でできる範囲)。自分はデフォルトで違和感なく遊べるので問題はない。
・Steam版は起動前にシレン5専用のランチャーが表示され、ABやXYの入れ替えが可能。これでSwitchと揃えることができるが自由度はあまり高くない。
コントローラーを認識しなかったり、Steam側のキー設定が難しい(意図通りに動かない)ので、ゲーム上での入力はキーボードとして設定し、JoyToKeyを使うのが最も自由度が高い&確実。

shiren5plus-steam.png

・Switch版は、Joy-ConでもProコントローラーでも互換品でもSFCコントローラー(スーパーファミコン Nintendo Switch Online専用コントローラー)も利用可能。
ただしSFCコントローラーは見渡すはメニューから行うことになる。キャプチャ・ホームに戻るはできないのでストレスを感じる場面はある。

・Steam対応コントローラーは沢山あり、Switch用のコントローラーもBluetooth接続することも可能。だがSteamのコントローラー設定がやや難しい。
自分の場合、手持ちのコントーラーはなぜかいずれも十字キーで斜め入力ができない問題が起きたので、Steamのゲームパッドの入力スタイルを「十字キー」から「ジョイスティック移動」にする必要があった。

shiren5plus-pad.png

参考記事1:Steam豆知識 4・Steamコントローラー設定「4・8方向操作」編: Blog - 19XX

Steam版でSwitch用SFCコントローラーを使う

最終的にはキーボード入力+JoyToKeyに落ち着いた。これだとSwitch用SFCコントローラーをPCに接続し、役割のなかったSTARTボタンで見渡すを実現することができた。

「キーボードのみ(タイプA)」とSFCコントローラーを組み合わせるとしたら以下の設定を行う

1 B キャンセル:A
2 A 攻撃・決定:Z
3 Y 方向切り替え:X
4 X メニュー:S
5 L セットした道具を使う:Q
6 R ナナメ移動固定:W
7 ZL 全体マップ表示:Space
8
9 SELECT
10 START 見渡す:C
11
12
13
14
15
16 ZR メッセージ履歴:E


参考記事2:Nintendo Switchのスーパーファミコン型コントローラをPCで使う方法 - 名古屋で就業規則作成するなら社会保険労務士川嶋事務所

細かい点

・Switch版で子供にプレイされてしまう恐れがある人は、みまもり設定でパスワードを入れなければ起動できなくすることが可能
・Steam版は、同じSteamアカウントだとセーブデータが共有された。メインPCで冒険の途中で中断して、持ち運び用のSurfaceで途中から再開することができた。
・Steam版は、55個も実績があるのでアンロックする楽しさはある。
・Steam版は、バグ修正などのアップデートが早い。
・Steam版は、キーボード入力で未識別アイテムを入力するのが快適。RTA的にも有利そう。

ゲーム配信

・Switch版はHDMIの取り込み環境を作るのに多少お金がかかる(1000円前後のキャプチャデバイスもあるが、動作しなくなりやすい的な意味で品質は安定しない)
・Steam版はとにかく取り込みは楽

自分は起きていないが、Switch版のフリーズ事故を回避するために定期的にクラウドにセーブデータのアップロードを行ってプレイする人もいた。その人的にはSteam版のほうがバックアップが楽だから良い。と言っていた。

まとめ

・PCで使いやすいコントローラーを設定するのがやや大変なので、ゲーム配信しないのであればSwitch版が遊びやすいと思う。持ち運びに特化するならVitaでもいい説はある。(PS Vitaはとても軽いし画面も綺麗)
・ゲーム配信をするなら、取り込み環境やモニタの配置次第。

自分は両方で数時間ゲーム配信をしてみたが、シレン5は長時間プレイすることになりがちなので、少しでも疲れにくい環境がいいという感想に。自身の机やモニタのレイアウトによっても違うが、自分はPCとは別にテレビを見てプレイすることになるのでSwitch版を長時間やるのが辛いと感じるようになってしまった。結果Steam版メインに変更した。

Comments : 0

Comment Form

ねむすぎ日記 > ゲーム > 風来のシレン5plus Switch版・Steam版の比較

Return to page top