ねむすぎ日記 > チラシの裏 > Surface Goを買った

Surface Goを買った

surface-go-ipad.jpg

去年ぐらいからずっとSurfaceGo欲しい欲しいと独り言を言っていましたが、気がついたら結局買っていた。

買ったもの

メモリ8GBにはしたかったので、箱なし説明書なしの中古に。53,990円。 (新品だと約7万円)
主に外出先や電車で使っているので、最初は本体とSurfaceペンで使っていましたが、文字が打ちやすくないと劣化iPad感がどうしてもあったのですぐにタイプカバーを追加。Surfaceは膝置き難しいことは知っていましたが、このサイズなら膝置きは全然可能でした(短時間なら)。

リュックに雑に入れたかったので、カバーも一応つけていますがせっかく軽い重量が台無しなので定期的に外したくなっている。


良かった点

Surface Proもある程度触ったことがあり、あれは値段も高いけどデスクトップ扱いもできるスペックだけどある程度重いので、個人用で持ち運ぶにはもう少し小さくて軽いことについてはほぼ期待通り。仕事的にMacBook Pro 13インチを常に持ち歩いているので、同じサイズのものをもう1台運ぶのは厳しかった。

スマホでできないことができるのが強みで、移動中に「ページ崩れてるよ」って言われたときに、要素を検証とかをパッとできる。
DiscordとGoogle翻訳を見ながらPukiwikiの更新などのマルチタスクもデスクトップには劣りますがまあまあやりやすい。キーボードを活かした作業や、WinSCP・WinMergeとか、Windows専用の気の利いたアプリも使えるのもiPadなどに比べて優位な点。

微妙な点

というかiPadでもできちゃうものは、基本的にiPadでやったほうが快適。ネットサーフィンするだけとかKindleとか動画見るとかはアプリが最適化されていない点で使い勝手に差があると思う。

充電仕様にやや癖がある

USB Type-Cでの充電にやや癖あり。簡単に言うとシャットダウンしてある状態ではUSB Type-Cで充電できない。MacBookユーザーからすると意味不明な仕様。家では専用ケーブルを使い、外出先ではUSB Type-Cを使うのがいいかな。

(参考)Surface Go:USBで充電 - ふみみーみLIFE

やはりメモリ8GBは欲しい

どこでも散々言われているがスペックの割には高いよねという点は同意。8GBモデルは高いが、必要最低限という感じ。
何もしていなくてもメモリ3GBぐらい使用されており、FirefoxやChromeブラウザで1GB以上使う感じなのでそれで使い切ってしまいます。8GBモデルでFirefox利用でメモリ使用率50%前後ぐらいです。そういう意味では50%余ってるんだから4GBモデルでも使えないことはない、とは思うが自分だったら嫌かな......。

そろそろ発売から1年経つので、次期モデルが出るとしたらOffice同梱ではないものも日本で販売してほしい。

Surfaceペンは必要か

自分はイラストではなく電車でのマウス代わりにして使えるかが気になっていたのでしばらくは移動中に使っていましたが、正直タイプカバーの方が良い。
指じゃないとウィンドウサイズなどは変えにくい(できない?)ので結局は指と併用。徐々に「落としてなくしそう」という不安が強くなってきて使用頻度が減っていった。結論、手書きで入力することに魅力を感じなければあまり必要ない。

イラストについては、個人的には簡単なものに関しては iPad のほうが描きやすく感じる。というかソフトウェアの差かもしれない、iPadはAdobeのアプリが無料で使えるのが大きい。

iPad mini (Adobe Illustrator Darw) 指
腕を塗るのを忘れた......

ipad-adobe-draw.png

Surface Go (Leonardo) Surfaceペン使用

surface-leonardo.png

細かい線などに違いはあるが、このレベルの絵だと大差ない......。どっちも使えるということが言いたかったですがSurfaceは何かしら有料アプリを使ったほうがよさそう。そのアプリを吟味する時間が勿体無いのだけど。

タイプカバーの違い

普段WindowsのデスクトップPCか、MacBook Proを使っているのでタッチパッドはまだ慣れないが、このキーボードの持ち運びやすさはやっぱりすごい。一瞬ポケモンキーボード(ポケモンタイピングDSの付属品)でなんとかしようとしていたが、やっぱりタイプカバーのほうが断然いい。

日本語配列(JIS)か英字配列(US)か

まずJISかUSキーボードで悩むことになります。一般的なノートパソコンだとこの選択はあとから変更することはできないので、簡単に着脱できて1万円で交換できると考えると気に入らなければ変えたらいいのかもしれない。

(参考)SurfaceGo/ProはUSキーボードのタイプカバーがおすすめ。 - from experience

USキーボードにしようかとも悩んだが、自分は「半角/全角キー」がやっぱり欲しいのと、Enterキーが縦に大きいJISキーボードを選択。

というかメーカーサイトにも、日本語配列の写真が載ってないのが地味に酷い、なんで全部英字配列の画像なの?という不満があるのでここに貼っておく。

typecover_jis.jpg

PukiwikiやMarkdownで ] を結構つかうので、JISは「む」が小さいことが残念ポイント。CapsLockをもっと小さくしたら「む」は小さくならずに済んだのでは?

マイクロファイバーかアルカンターラか

タイプカバーの素材は、ブラックのみマイクロファイバーで、他のカラーは全てアルカンターラ。検索してもあまり情報がないので、実物で比較しました。というか比較するためにSurfaceGoではブラックのタイプカバーを選択。

  • タイプカバー ブラック(KCM-00019)約9,500円
  • Signature タイプ カバー プラチナ(KCS-00019)約12,000円

先に裏面。別の素材なので違いはありますが、表面ほどの大きな差異はないように感じます。若干アルカンターラのほうが使用感が目立ちにくい、気がする。

(Proのタイプカバーは借り物)

typecover_1.jpg

表面については、マイクロファイバーはしっとりしていて摩擦がやや強い。大きな違いはブラックは塵などのゴミが目立ちやすい。あと汚れについてもおそらくブラックのほうが目立ちます。撥水性には大きな違いはなさそう。つまり、他のレビューと同様にアルカンターラ素材のほうが良い質感だ、という結論でした。

typecover_2.jpg

手触りこそ異なりますがタイピングに影響があるものではないので、見た目より価格を抑えたいならブラック。少しでも綺麗な状態・質感を求めるならアルカンターラで。個人的にもおすすめはアルカンターラかな。

Comments : 0

Comment Form

ねむすぎ日記 > チラシの裏 > Surface Goを買った

Return to page top